おすすめカラコン通販サイト案内

カラコンの危険性

カラーコンタクトレンズ、いわゆるカラコンが、近年女性たちに広く使用される様になり、それに伴い危険性も取り沙汰される様になった。
度の入っている物は医療用なので、使い方を間違わなければ比較的安全だが、度の入ってない物は、品質が保証されていない物でも簡単に手に入ってしまうので、色素が溶けだして炎症を引き起こしたり、視力を低下させたりする可能性があるという。

確かに、視力補正用の通常のコンタクトレンズでさえ、長時間つけっぱなしにすると、眼球にはりついて表面を傷つける可能性があるというのに、あくまで雑貨扱いのおしゃれカラーレンズを、デリケートな眼の中に入れるというのは、いささかハイリスクに思える。
だが、おしゃれの為なら何だってしてしまう女性達にとっては、それこそ目に入れても痛くないのだろう。
眼障害より、カラコンなしで人前に出る方が怖いといった所か。

とはいえ「着け続けたら目が見えなくなる」といわれたら、話は別ではないか。
実際に眼障害になった患者の写真を見ると、失明の恐れもあるのではと思えるほど痛々しい。
死んだ魚の様に真っ白になっていたり、表面に突起物が出来ていたり…。
美しさを求めてつけたもので、美だけではなく、光まで奪われる事のないよう、自己責任で安全な商品を選ぶ事が大切だ。

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

]